経営ビジョン

 

アジアゲートグループにとって、今後も要となるのがリゾート施設の取得・運営・管理です。より多くのゴルフ場やリゾート施設の拡充とネットワーク化を図り、利用者の皆様へのいっそうのサービス向上に努めます。
また、建設事業においては、推進工事の先駆者として水道管改築(プラズマモール工法)工事、下水・農水管更生(パルテム工法)を始め、複雑で多様な条件下での都市トンネル工事に、蓄積された経験と確かな技術力で挑戦し続けます。
不動産投資事業、ファイナンス事業については、現在の路線を継承しつつ、グループ価値の向上とステークホルダーへの還元という大前提のもと、さらなる新規事業への進出の機会を模索していきます。
これからも、より社会に貢献できる企業体を目指し、アジアゲートグループの挑戦は続きます。