株式会社 アジアゲートホールディングス

BLOG

BLOG

2021.03.28
Conversion

0

耳は2つ、口は1つあるので、ヒアリングする時は、相手から2つ聞いたらこちらも1つ話すということを心がけている、という記事を何かで読んだ記憶があります。相手から聞き出すのが主目的ではあるものの、こちらの存在もそれなりに主張していくことで、お互いの理解が深まるというものです。
ビジネスも取引先との商談もこうしたコミュニケーションがベースになっていく訳で、その意味では非常に興味深く、そのため記憶に残っていたのだと思います。コミュニケーションをとれるようになると相互に理解が深まり、ビジネスも前に進んでいくことになります。
私たちのビジネスにおいても、社内外で様々な議論がされています。その中で、新しいメニューやブランドを作り上げていくプロセスはワクワクするものです。例を挙げるとすれば、小型の宿泊施設やオフィスビルはコロナ禍においては、宿泊客の減少やテナントの退去により苦境に立たされている物件も出てきています。一方で、住宅事情は中古マンションや戸建ての賃貸、購入の需要は底堅いものがあります。特にテレワークを機に転居を考えていくことも含めてすそ野は広がっています。
こうした状況を考えれば、前者のような物件を後者の物件にコンバージョン(転用)していくのは自然な流れかと考えます。更に生活に変化があった方々のニーズに合わせて住宅のリースバック需要も増加しており、市場は活況になっています。
私たちはこうした市場にも踏み込んで投資していくべきかと考えています。次のワクワクを求めて。

< INDEX
PAGE TOP