株式会社 アジアゲートホールディングス

BLOG

BLOG

2021/07/10
ライフスタイル

0

コロナ禍で生活様式やものの価値観が変わりつつあると言われています。外出を控え、自宅で過ごす時間がコロナ前に比べて増えたのは実感するところです。そうなると、企業の商品やサービスにも変化が出てきます。デリバリーというカテゴリーで言えば、生活用品だけでなく、フードデリバリーが当たり前になってきました。また、ものをシェアしたり、家にあるものを販売したりできるセカンダリーの市場ができたりもしています。
私たちのビジネスもそういった、ライフスタイルの変化を加味していく必要があると考えています。例えば、セカンドハウスの在り方です。従来は避暑地等に別荘を購入していましたが、そうなると普段使わない時間が不稼働資産になってしまいます。また、住宅の傷み方も早くなってしまいます。そこで誰もが行きたい、泊まりたいエリアに宿泊用の家や施設を作り、所有します。普段は民泊等の宿泊施設として活用しますが、オーナーが自分で使用したい時には自由に使えるようにするというのはどうでしょうか。そうすれば、普段は宿泊施設としてのリターンを得ながら、自分の趣味にも利用できるというものです。
更にいえば、この購入する施設を地方の空き家を活用するとなれば、社会貢献にもつながるものとなります。今どきのライフスタイルには社会貢献をしていくことも含まれるケースが増えてきていますのでそういう側面も取り入れていくことも提案していきたいと考えています。

< INDEX
PAGE TOP